メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ディエゴ・マラドーナさん死去 サッカー界の「レジェンド」
にほんでいきる

外国からきた子どもたち 支援学級在籍率、外国籍は2倍 日本語力原因か 集住市町調査

 外国人が多く住む25市町の公立小中学校に通う外国籍の子どもの5・37%が、知的障害がある子らが学ぶ「特別支援学級」に在籍していたことが、文部科学省への情報公開請求などで判明した。25市町の全児童生徒のうち特別支援学級に在籍しているのは2・54%で、外国籍の子どもの在籍率は2倍超に達していた。専門家は「日本語が理解できないため知能指数(IQ)検査の結果が低く、知的障害などと判断された可能性がある」と指摘している。

 調査は2017年2月、文科省が外国人住民の多い自治体でつくる「外国人集住都市会議」に参加する25市町を対象に実施。特別支援学級に在籍する16年5月時点の外国籍の子どもの数を集計した。文科省は調査の実施や結果について「一部の自治体を対象とした内部調査」として公表していなかった。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. コロナ感染を促進するたんぱく質発見 新薬への応用に期待 国際研究チームが発表

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです