メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

英伊のポピュリスト台頭 民主主義巡る戦いに=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=手塚耕一郎撮影

 ヨーロッパで、私たちは二つの政治的危機に同時に直面している。どちらも憲法の性質や、戦後の自由な民主主義の伝統に対する現在のポピュリストの挑戦について思索をかきたてる。

 もっとも深刻な危機は私の英国で起きている。ジョンソン新首相は9月に、欧州連合(EU)からの離脱方法や総選挙をまずすべきかどうかについて、議会と主導権争いを始めるだろう。議会での立場が弱いことから、他のEU諸国や所属する保守党の党員に対し、絶対的指導者やガキ大将のように振る舞っている。

 イタリアでも総選挙をすべきかについて、政治的危機が起きている。世界の主要国の中で国内総生産(GDP…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1740文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです