メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

香港デモ 遠い収束 民主選挙渇望、根底に

 香港の「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議行動が本格化して3カ月近くとなる。香港当局がデモ禁止や運動のリーダー格の大量逮捕で市民を威圧すれば市民側はより反発を強め、両者の対立が深まるという悪循環が続く。中国政府も香港当局も妥協の姿勢はなく、解決の糸口が見えないまま事態の泥沼化が進む。

 「『ビクトリア公園で花見をする』という呼び掛けも違法集会と見なされるかもしれない」

 警察幹部は8月30日の記者会見で、インターネット上などでさまざまな名目で31日の「集会」が呼び掛け…

この記事は有料記事です。

残り1969文字(全文2201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです