メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

アマゾン火災 広がるブラジル産品不買運動 「大統領は環境軽視」

 南米ブラジルのアマゾンで熱帯雨林の火災が多発している問題で、海外企業がブラジル産品を購入しない不買運動を始めた。環境保護を軽視しているとされるボルソナロ大統領の姿勢に反発したものだ。経済的損失を食い止めるため、ボルソナロ氏は火災の原因とされる野焼きを禁止するなど、対策に躍起になっている。

 「ティンバーランド」や「バンズ」などのブランドを手がける米衣料品製造大手VFコーポレーションは8月29日、ブラジル産皮革の発注を停止する…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです