メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

2889万件 かんぽ生命の契約件数 続くじり貧、現場圧迫

 かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、日本郵政グループは6月末現在の全生保契約2889万件と、2014年度以降に消滅した契約を対象に、顧客に不利益な契約が無かったかどうかの実態調査に乗り出した。契約者数では約2000万人分にのぼる膨大な調査となり、難作業となることが予想されている。

生保の契約件数、単体で国内最大

 18年度末の契約件数で見ると、かんぽ生命は2914万件で、単体では国内最大の生命保険会社だ。連結では、三井生命保険などを傘下に持つ日本生命保険(3019万件)が上回るが、第一生命ホールディングス(1591万件)や明治安田生命保険(975万件)、住友生命保険(914万件)などその他の大手を大きく引き離している。

 かんぽ生命の被保険者は6割が女性で、新規契約者は60代以上が48%と高齢層が半数近くを占める。個人…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです