メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

トンボ鉛筆 屈さぬ精神込めた「勝ち虫」

 トンボのマークが刻印された鉛筆で知られる文具メーカー。創始者の小川春之助氏(1885~1957年)が1913年、小川春之助商店として東京・浅草に設立した。

 明治の文明開化期に日本に入ってきた鉛筆。父が鉛筆職人だった春之助は、文具商として、しゃれたデザインの鉛筆を考案し、ブランド化に成功した。27年にトレードマークに採用したトンボは、「勝ち虫」として伝わる縁起の良い虫で、何事にも屈しない気持ちが込められた。この鉛筆のヒットにより、39年に株式会社「トンボ鉛筆…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 「鬼滅の刃」の小説は年間売り上げ1位

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです