メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ヒロシマの「河」 劇作家・土屋清の青春群像劇』=土屋時子、八木良広・編

 (藤原書店・3456円)

 広島の地で演劇に人生をかけた劇作家の土屋清(1930~87年)は全国的には無名だが、詩人の峠三吉をモデルにした創作劇「河」は60~70年代、改訂を重ねながら全国23都市で20もの劇団が上演したという。没後30年の2017年、広島で市民劇として復活したのを機に、土屋の妻ら再演に尽力した人々の論考や資料からその人生と「河」の軌跡をたどった。人物伝と作品紹介にとどまらず、戦…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです