メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『国語教師』=ユーディト・W・タシュラー著、浅井晶子・訳

 (集英社・2160円)

失われた夢を語りの力で甦らせる

 著者のユーディト・W・タシュラー(一九七〇年生まれ)はオーストリアの作家。彼女自身、国語教師だった経験がある。二〇一三年に発表された本書『国語教師』は、二〇一四年度のフリードリヒ・グラウザー賞(ドイツ推理作家協会賞)を受賞した。本書はミステリ仕立ての作品ではあるが、過去から現在に至るまで、登場人物の関係性にスポットを当てながら巧みに展開されており、より広い意味における「小説」だといえよう。

 本書の中心人物は、長らく国語教師を務めるマティルダ・カミンスキと、今は高名な作家であるクサヴァー・…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです