メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『国語教師』=ユーディト・W・タシュラー著、浅井晶子・訳

 (集英社・2160円)

失われた夢を語りの力で甦らせる

 著者のユーディト・W・タシュラー(一九七〇年生まれ)はオーストリアの作家。彼女自身、国語教師だった経験がある。二〇一三年に発表された本書『国語教師』は、二〇一四年度のフリードリヒ・グラウザー賞(ドイツ推理作家協会賞)を受賞した。本書はミステリ仕立ての作品ではあるが、過去から現在に至るまで、登場人物の関係性にスポットを当てながら巧みに展開されており、より広い意味における「小説」だといえよう。

 本書の中心人物は、長らく国語教師を務めるマティルダ・カミンスキと、今は高名な作家であるクサヴァー・…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです