メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『神前酔狂宴』 著者・古谷田奈月さん

古谷田奈月さん=大原一城撮影

 ◆『神前酔狂宴(しんぜんすいきょうえん)』 著者・古谷田奈月(こやた・なつき)さん

 (河出書房新社・1728円)

人物生き生きと動いた実感

 神社の結婚披露宴会場という知られざる職場を舞台に、そこで働く人々を描いた長編小説。必然的に宗教や戦争、歴史の問題を扱いながらも、物語は若者たちが仕事に打ち込む青春群像劇でもある。「今回、主人公や登場人物がすごく生き生きと動いてくれた実感があって、どんどん膨らんでいった。これまで書いてきた中でも一番、没入度が高かった作品だと思います」と話す。

 舞台は東京・明治神宮の近く、かつての元帥を「神」としてまつる架空の「高堂神社」。アルバイト先を探し…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです