特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・本と人

『神前酔狂宴』 著者・古谷田奈月さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
古谷田奈月さん=大原一城撮影
古谷田奈月さん=大原一城撮影

 ◆『神前酔狂宴(しんぜんすいきょうえん)』 著者・古谷田奈月(こやた・なつき)さん

 (河出書房新社・1728円)

人物生き生きと動いた実感

 神社の結婚披露宴会場という知られざる職場を舞台に、そこで働く人々を描いた長編小説。必然的に宗教や戦争、歴史の問題を扱いながらも、物語は若者たちが仕事に打ち込む青春群像劇でもある。「今回、主人公や登場人物がすごく生き生きと動いてくれた実感があって、どんどん膨らんでいった。これまで書いてきた中でも一番、没入度が高かった作品だと思います」と話す。

 舞台は東京・明治神宮の近く、かつての元帥を「神」としてまつる架空の「高堂神社」。アルバイト先を探していた18歳の男・浜野は、境内にある披露宴会場で働くことになる。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文947文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集