メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第64回全国高校軟式野球

決勝 中京学院大中京が3連覇

【中京学院大中京-崇徳】六回表中京学院大中京1死一、三塁、岡田の投ゴロが野選となり、先制する=平川義之撮影

 31日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で決勝があり、中京学院大中京(東海・岐阜)が崇徳(西中国・広島)を5-2で破り、1959~61年の平安(現龍谷大平安=京都)以来2校目の3連覇を達成。優勝回数は単独最多の10回となった。第59回大会(2014年)準決勝で延長五十回の末に中京学院大中京(当時は中京)が勝った激闘の5年ぶりの再戦。8回目の出場で初めて決勝に進んだ崇徳の雪辱はならなかった。(6面に水渉夢=みず・あゆむ=投手の「ひと」)

 中京学院大中京が相手ミスに乗じた効率の良い攻撃で好機を生かした。六回に2四球と暴投で1死一、三塁と…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです