メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

高山、五輪逃し引退 「アマに区切り」

高山

 プロボクシングの元ミニマム級王者で、アマチュア登録が認められて東京五輪出場を目指した高山勝成(36)=名古屋産大=が31日、岐阜県笠松町で行われた全日本選手権東海地区選考会のフライ級で敗れて五輪を逃した。「アマとしての区切りをつけたい」と話し、引退の意向を明らかにした。

 高山が五輪に出るには11月の全日本選手権で優勝することが条件だったため、出場できなくなっ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです