メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

在日ジャグラー、次世代へ語る(その2止) 祖国、二つでもいい 曲芸武器に世界を股にかけ

 

「他の人とは違う?」

 在日コリアン3世のジャグラー、金昌幸(キムチャンヘン)さん(33)は、20年以上前の出来事が今も頭から離れない。小学4年の時、季節は夏前だったと記憶している。当時、京都市の公立学校に通っていた。いつも通り登校すると、正門の前で4、5人の6年生が待ち構えていた。力ずくで体育館の裏に連れて行かれ、一方的に殴られた。「入国審査や」。そんな言葉が聞こえた。

 上級生らによる暴力は連日続き、内容もエスカレートしていった。至近距離からバットで打たれた野球ボールが、右手小指に当たって骨にひびが入ったこともある。保健室に駆け込み、教員に被害を訴えたが、上級生からは「何ちくってんねん」と余計に殴られた。どうして自分なのか。ひたすら耐える日々の中、ターゲットにされた理由を考えた。「伏線」があったことには気付いていた。

この記事は有料記事です。

残り4503文字(全文4867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです