連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

政治を持ち込むな、ですか? 衝動こそが芸術の命かと

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 名古屋の、とあるバーに初めて入った。イタリアオペラが流れていて、テレビモニターには映画「ブレードランナー」が流れている。棚にはたくさんの小ぶりなウイスキーのたるが並んでいて、瓶からそこへ移し替えたウイスキーを、独自に数カ月「熟成」させ、ボルドーワイン用のグラスで出しているという。そして、一滴一滴加水しながら、味と香りの変化を楽しんでほしいのだという。

 おそらくは、目利きであり物見高いということがご自慢の店主のようだ。芸術についても一家言持っている様子で、「アニメとかマンガは芸術ではない」というご高説が始まった。ああいう物は、芸術とは一線を画した状態であってほしいという。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1498文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集