メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちびまる子ちゃん

新作が「りぼん」に掲載へ さくらももこさんの脚本をさくらプロダクションがマンガ化(MANTAN WEB)

9月3日発売の「りぼん」10月号に掲載される「ちびまる子ちゃん」の告知ページ (C)さくらプロダクション/集英社

[PR]

 2018年8月に死去したマンガ家のさくらももこさんのマンガ「ちびまる子ちゃん」の新作が、10月3日発売の少女マンガ誌「りぼん」(集英社)11月号に掲載されることが9月2日、明らかになった。新作「ちびまる子ちゃん ハロウィンパーティーをやろうの巻」は、さくらさんがテレビアニメ用に書き下ろした脚本(アニメは1995年10月29日放送)を基にさくらプロダクションが新たにマンガ化したものとなる。

 さくらさんは生前、テレビアニメ用の脚本を自分の手でマンガにしたいという思いがあり、その思いをさくらプロダクションが引き継ぎ、新作の制作となったという。今後も「りぼん」では、新作を掲載予定。

さくらプロダクションのコメント(原文ママ)

 さくらは、自身が書き下ろしたアニメ『ちびまる子ちゃん』の脚本を、「漫画」という形でも楽しんで頂きたいと今までにも多くの作品を漫画化してきました。いつか漫画にして読者のみなさまにお届けしたいと言っていた作品、さくらの気持ちを引き継ぎ、この度りぼん編集部さんのご協力を頂き実現できることになりました。作画は、長年さくらのアシスタントを務めたさくらプロダクションのスタッフが担当します。みなさまに、またさくらの笑いをお届けできる喜びと緊張でいっぱいです。どうぞよろしくお願いします!

りぼん編集部・相田聡一編集長のコメント

 このたび、さくらプロダクションさんのご尽力により「りぼん」に「ちびまる子ちゃん」が帰ってきます! さくらももこ先生がりぼん読者のみなさんにぜひ読んでほしいと熱望されていた選りすぐりの1作をお届けできます。温かい笑いに包まれたまるちゃんたちの活躍に乞うご期待ください!

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです