メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライバル中国けん制 インド「日露印」打診 米国巡り3国には隔たり

 「日露印」による新たな枠組みを提案したインドには、「米国対中露」の対立構図を多極化するほかに、地域のライバルである中国をけん制しようとする狙いがある。だが、日露は対中国では思惑が重なるものの、米国をめぐる安全保障上の立場には大きな隔たりがあり、実現のハードルは高そうだ。

米露対立深まり多極化演出

 インドは近年、米国ともロシアとも良好な関係を維持してきた。しかし、米露関係が悪化するに従い、「米国主導の西側につくか、ロシア側につくか」という苦渋の選択を迫られている。2018年には米国が、インドのロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の購入計画に反対するなど、インドが志向する「バランス外交」が難しくなってきている。

 印シンクタンク、オブザーバー研究財団(ORF)のウニクリシュナン特別上席研究員は「米露のどちらかを…

この記事は有料記事です。

残り1749文字(全文2110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです