メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨傘リーダー周庭氏「中国・香港政府に圧力を」

 香港の民主化運動「雨傘運動」(2014年)で「民主の女神」と呼ばれ、「逃亡犯条例」改正案を発端に続く抗議デモを巡り8月30日に一時逮捕(その後保釈)された元学生リーダー、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(22)が、毎日新聞の取材に応じた。周氏は今回の抗議デモについて「米国ではデモを支援する動きが出ている」と指摘。日本を含む国際社会に向けて「中国・香港政府に対して圧力をかけてほしい」と幅広い支援を呼び掛けた。

 周氏は得意の日本語で取材に応じ、まず米議会で6月に提出された「香港人権・民主主義法案」に言及。同法…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです