メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「特務機関NERV」が防災情報をアプリで発信 エヴァ好き社長、バリアフリー目指し

「特務機関NERV防災アプリ」を開発したゲヒルンの石森大貴社長。気象庁からの情報を瞬時に自動で地図に起こすプログラムを活用する=東京都千代田区で2019年8月29日午後1時35分、安藤いく子撮影

 ITセキュリティー会社「ゲヒルン」(東京都千代田区)は1日から、気象庁が発表した地震や津波、大雨の特別警報などさまざまな防災情報を瞬時に届けるスマートフォンのアプリ「特務機関NERV(ネルフ)防災アプリ」の提供を開始した。同社は防災情報などを発信するツイッターアカウントも運営しているが、アプリなら利用者が住む地域に特化した情報を即時に受け取れるため、より迅速に状況を判断し避難できる。

 ネルフは、謎の生命体「使徒」と人類の攻防を描いた人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する、使…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです