メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ダース・ベイダー」そっくり、地をはうように咲く 栃木

背後の木から地面に沿って伸びた花茎に約5センチ大の花を咲かせたアリストロキア・サルバドレンシス。来園者は右奥から、撮影者側にある鏡越しに「ダース・ベイダーの顔」をのぞき込む=栃木市のとちぎ花センターで、2019年8月31日午後0時18分、玉井滉大撮影

 栃木市のとちぎ花センターに、映画「スター・ウォーズ」の悪役「ダース・ベイダー」が初登場し、残暑の来園者をヒヤッとさせている。

 正体は中米原産の低木「アリストロキア・サルバドレンシス」で、とちはなちゃんドームで30日に開花した。

 花の直径約5センチと小さめだが、外側は網目模様で、内側は濃い赤茶色に目玉のような白い模様が二つあり、ダ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです