メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時多言語サイト、アプリ開発へ 大阪府 台風での関空孤立教訓に

 昨年9月の台風21号災害で、関西国際空港や大阪府を訪れたインバウンド(訪日外国人)に必要な情報が十分に届かずに混乱を招いたことを教訓に、府は災害情報を集約して日本語を含めた10言語に対応する多言語ウェブサイトと、連動するスマートフォンのアプリ開発に乗り出した。早ければ年内の実用化を図る。

 サイトには、府が集約した災害、避難の情報や、鉄道、空港、観光施設の状況などを、英、中、台湾、韓、スペイン、ポルトガル、タイ、ベトナム、フィリピンの9言語と日本語で掲載。交通情報は地図上に表示する。スマートフォンのアプリは、こうした情報が自動的に表示されるプッシュ通知機能を備える。

 自然災害の少ない国から来た外国人向けに「地震が発生したら机の下に隠れる」「本棚から離れる」といった基本的な防災ガイドも流す。運用開始後は、QRコードを記載したカードを関空や主要駅に配布し、アプリの導入促進を図る。府は今年度、サイトとアプリの開発に6855万円の予算を計上した。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです