メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日ブータン人労組発足 東京、愛媛など11人 長時間労働是正求める

労働環境の改善を呼びかけるブータン人の元留学生=松山市で2019年9月1日午後3時7分、遠藤龍撮影

 留学生として来日したブータン人が低賃金で長時間労働を強いられている状況を改善しようと、日本に住む留学生・元留学生の11人が1日、「国際ブータン人労働組合」(本部・愛媛県西予市)を発足させた。連合傘下の産業別労働組合「JAM」が全面支援する。国籍別労組では2002年結成の「在日ビルマ市民労働組合」に次ぐ動き。

 組合員は東京、福岡、愛媛で働く留学生1人と、元留学生10人の20代の男女。G20労働雇用相会合がこの日開幕した松山市で、結成集会を開いた。労組によると、留学生の多くは日本語学校の学費などで多額の借金を抱えて来日。日中は日本語学校に通い、夜はアルバイトの過酷な生活を送る。留学生アルバイトの上限は原則週28時間だが、掛け持ち労働で28時間を超える例がほとんどだという。

この記事は有料記事です。

残り69文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 羽生善治九段、藤井聡太王位に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです