メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段に「次は王将挑戦者、初タイトルだ」の高まる期待 ただ相手は名人ら強豪ぞろい

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(17)が、1日の第69期大阪王将杯王将戦であこがれの大棋士を倒し、初の挑戦者決定リーグ入りを決めた。負ければおしまいのトーナメントとは違う挑戦者への道。最年少タイトルホルダーを目指し、強豪ぞろいの相手にどんな戦いを見せるか、注目が集まる。

 関西将棋会館(大阪市福島区)であった谷川浩司九段(57)との2次予選決勝。振り駒でと金が5枚出て、藤井の先手で相居飛車の戦いになった。中盤、谷川から戦端を開いたが、攻め合いのさなかで谷川に大きな失着が出て、57手の短手数で投了となった。

 終局後、藤井七段は「子どものころは谷川先生の『光速の寄せ』にあこがれていたので対戦できてとてもうれ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです