メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日照25%減 太陽なき九州・山口の夏 大雨次々 日韓関係も冷え影響

雨交じりの天気でもプールを楽しむ人たち=福岡市東区の海の中道サンシャインプールで2019年9月1日午後1時25分、中里顕撮影

 令和最初の夏は、台風や大雨に相次いで見舞われ、日照りの少ない夏となった。8月の日照時間は平年より25%も少なく、夏休みはにぎわうはずの屋外プールの人出は低調となった。小売業界ではこの時期売れる商品が伸び悩み、雨具類などがよく出た意外な夏に。外交問題で冷え込んだ日韓関係は観光地に影を落としていた。

 日曜日の1日、福岡市東区の「海の中道サンシャインプール」は雨交じりの天気の中、家族連れなどが水しぶきを上げていた。長男壱太さん(6)と来た同市早良区の会社員、井上馨一郎さん(47)は「プールに連れて行くと子どもと約束しても今年の夏は雨ばかり。もうきょうしか約束を守れないと思って来たら、この天気でした」と苦笑いした。

 九州・山口は、8月初旬まで猛暑日が相次いだが、同月6日に台風8号が九州を縦断。15日に中国地方を縦…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです