メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大震災・犠牲者悼む法要に600人 朝鮮人犠牲者悼む式典も 小池知事、3年連続で追悼文見送り

大法要で焼香して手を合わせる参列者=東京都墨田区の都慰霊堂で2019年9月1日午前11時21分、森健太郎撮影

 10万5000人余りの死者・行方不明者を出した関東大震災から96年を迎えた1日、東京都墨田区の都立横網町公園の都慰霊堂では、亡くなった人たちを追悼する都慰霊協会主催の大法要が営まれ、遺族ら約600人が参列した。

 式典では、長谷川明副知事が「犠牲となった方々のご無念とご遺族の深い悲しみに思いを致すと、痛惜の念ここに極まるものがある」との小池百合子知事の追悼の辞を代読した。

 慰霊堂には、1923年9月1日の関東大震災と、第二次大戦末期の45年3月10日の東京大空襲などの犠…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです