メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の周回基地、日本開発参加へ 月面探査チャンス逃さぬ

月周回有人宇宙ステーション「ゲートウエー」初期型のイメージ。右下の機体は飛行士を送り込む宇宙船=米航空宇宙局の資料から

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、米国が月の周回軌道に建設する有人宇宙ステーション「ゲートウエー」に使われる生命維持に関わる機器や、物資補給船の技術開発に乗り出す。文部科学省が来年度の概算要求に開発費を計上した。日本の独自技術で貢献することで、将来にわたる月面探査の機会を確保する狙いがある。

 米国は2024年に宇宙飛行士を月面着陸させる「アルテミス計画」を進めており、着陸の拠点として24年までに初期型のゲートウエーを組み立てる。各国に参加を呼び掛けており、日本も政府として年内にも正式に参加表明する方針だ。

 JAXAが開発に乗り出すのは、機械から出る熱などを冷やして船内の温度を調整する装置や、酸素や窒素を貯蔵する高圧タンクなど。いずれの技術も日本が国際宇宙ステーション(ISS)で実績があり、強みを生かす。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです