メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 日本大会20日開幕  「母国」結ぶラグビー愛 日本移住元選手ら、合宿地と橋渡し

高知県へのトンガの事前合宿誘致に尽力したラトゥ・ウィリアム志南利さん(左)と、誘致を担当した林直人さん=高知市春野町芳原の春野総合運動公園で、北村栞撮影

 20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を前に、出場国が今月に続々と日本入りし、事前合宿をする。各自治体は、地域活性化や国際交流に役立つと誘致に励んできた。その成功の陰には、日本に移り住んだ出場国出身者の「橋渡し」があった。【北村栞、中村聡也】

高知

 南太平洋のトンガが9~13日に事前合宿をする高知県。県スポーツ課の林直人さん(37)は、日本とトンガの2カ国で代表を経験した元選手、ラトゥ・ウィリアム志南利(しなり)さん(54)を誘致実現のキーマンに挙げる。ラトゥさんはトンガ出身。1985年に大東文化大の留学生として来日し、その後も日本でプレー。現在は同大ラグビー部でアドバイザーをしている。

 林さんは2016年5月、知人を通じてラトゥさんと知り合った。合宿を誘致したいと伝えると「決定権者に…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです