メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

日本のグレタたち=永山悦子

 今年のノーベル平和賞の有力候補とも言われるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさん(16)。彼女は1年前、学校を休んで気候変動の危機を訴える「学校ストライキ」を始めた。それが世界中の「グレタ世代」へ広がり、気候変動にうとかった人々まで振り向かせ始めている。

 グレタ世代の若者たちの言葉には、ドキッとさせられる。「地球がなくなれば学校もない」「政治家がきちんと宿題をするなら、私たちも自分の宿題をやる」「地球は、私の彼よりも熱くなっている」――。「再生可能エネルギーはどうすれば増えるだろうか」などと、堂々巡りの議論をしている私たち世代は過去のもの、という気分になる。

 このムーブメントについて「大人は簡単に常識から外れられないが、次代を担う若い世代の考えは柔軟で、そ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです