メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ--線の魔術ほか

 ■みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術

 29日まで、東京都渋谷区道玄坂2のBunkamuraザ・ミュージアム(ハローダイヤル03・5777・8600)。アールヌーボーの旗手アルフォンス・ミュシャのグラフィック・アーティストとしての側面に光を当てると同時に、その耽美(たんび)的作風に影響を受けた日本のイラストレーターや少女漫画家の作品=写真は松苗あけみ「星座の少女」(『月刊ぶ~け』1989年9月号表紙用イラスト)89年、カラーインク・紙ⒸAkemi Matsunae=を紹介する。10日休館。一般1600円。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです