メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

OMFの《エフゲニー・オネーギン》 かみ合わぬ悲しみ刻印=評・梅津時比古

撮影=大窪道治(2019OMF)

 今夏のセイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)のオペラ公演に小澤征爾の登場はなかったが、ファビオ・ルイージの指揮の下、充実した質の高い公演を堪能することができた。演目はチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》。

 このオペラを過剰にロマン的にとらえると、主人公の無為徒食の若い貴族、オネーギンへの片思いをタチヤーナが手紙につづる有名な「手紙の場」の比重が大きくなる。しかしルイージはあらゆる楽節一つ一つからさまざまな色合いを引き出し、全編にこのオペラのロマン性だけではない本質を刻印することに成功した。それは人と人の気持ちが通じ合わない「齟齬(そご)」から引き起こされる索漠とした悲しみであろう。チャイコフスキーの丹念な表現がこの作品においては…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文812文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです