メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ

エイフマン・バレエ「アンナ・カレーニナ」 高さと速度で描く心理=評・斉藤希史子

レズニク(上)とスボーチン=瀬戸秀美撮影

 運命に拒絶され、ついにはのみこまれる女性の孤独が鮮やかに浮かび上がる。サンクトペテルブルクから鬼才ボリス・エイフマンの名を冠したバレエ団が21年ぶりに来日。代表作「アンナ・カレーニナ」を滋賀と東京で上演した。

 「心理バレエ」を掲げるエイフマンは、トルストイの原作からアンナと高級官僚の夫カレーニン、青年将校ブロンスキーの心象を抽出し、<それぞれの不幸の形>を突き付ける。民族の魂ともいうべきチャイコフスキーの曲を振付家自ら切り張りした音楽が、甘美で悲壮な空気を醸す。

 登場時のアンナ(ダリア・レズニク)は自身の幸福を疑っていない。愛児が走らせる玩具の汽車は、平和な日…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです