メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

次世代の才能育てる=勝田友巳

「おいしい家族」の一場面

 「嘘を愛する女」の中江和仁、「ハナレイ・ベイ」の松永大司、「長いお別れ」の中野量太、「五億円のじんせい」の文晟豪(ムンソンホ)。昨年から今年にかけて作品が公開された若手監督、共通点がある。「若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)」の“卒業生”なのだ。2006年以来毎年行われているこのプロジェクト、商業監督を着々と輩出している。このほど今年の参加者3人が決まった。

 文化庁が音頭を取り、映画監督のタマゴを発掘してふ化を手助けする官製事業。委託を受けた映像産業振興機…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです