メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海、遮断機誤作動で作業車と車衝突 電気系統不具合 今年5月

南海電鉄高野線の踏切でタクシーと衝突した作業車=南海電鉄提供

 大阪市住吉区の南海電鉄高野線の踏切で今年5月、線路点検用の作業列車とタクシーが衝突する事故があり、作業車内部の電気系統の不具合が事故原因とみられることが、南海への取材で判明した。不具合の影響で遮断機が誤って上がり、事故につながった。作業車は一般車両とは異なる構造のため、同様の不具合は一般車両では起きないという。ただ重大事故を引き起こした可能性もあり、南海は同型の作業車5台を別の仕様に変える。南海を巡っては、特急「ラピート」の台車に亀裂が見つかるなど、問題が相次いでいる。【安元久美子、野田樹】

 事故は5月23日午前1時45分ごろ起きた。市内の幹線道路「あべの筋」と高野線が交わる踏切にタクシーが進入。時速約40キロで通過する作業車の側面に衝突した。タクシーは大破し運転手の男性(68)は首に軽傷を負った。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです