メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICOM、京都で開幕 博物館の未来を探る 7日まで

ICOM京都大会の開会式であいさつするICOM京都大会組織委員長の佐々木丞平・京都国立博物館館長=京都市左京区の国立京都国際会館で2019年9月2日午前10時44分、川平愛撮影

 世界の博物館関係者らが一堂に会し、複雑化する社会の平和と発展に寄与するための方策を話し合う「第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」の開会式が2日、京都市左京区の国立京都国際会館であった。7日までの日程で118の国・地域から最多の約4200人が参加。持続可能な未来への貢献など四つの主要課題を議論する全体会合や、分野ごとの国際委員会会合が開かれる。

 開会式には、秋篠宮ご夫妻が出席。ICOM日本委員会の青木保委員長が「世界は平和で調和が取れていると…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです