メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「タロウのバカ」 過激に時代をえぐり出す 大森立嗣監督

 名前のない思春期の少年と仲間の高校生らの過激な青春を描いた映画「タロウのバカ」が6日、全国公開される。約25年前、人生初の脚本として今作を書き上げた大森立嗣(たつし)監督は「当時と今で感じることに違いがあれば撮る必要はなかったが、時がたってもそこは変わらなかった。25年前の時代を生きていた俺が感じたことがそのまま出た作品」と話す。

 高校生のエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)が「タロウ」と呼ぶ少年(YOSHI)は、戸籍がなく学…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです