連載

モノローグ

毎日新聞デジタルの「モノローグ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

モノローグ

やさしい薪の炎 小樽・清水裕雄さん /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
歴史ある銭湯「小町湯温泉」で釜場の仕事をする清水裕雄さん=北海道小樽市で、竹内幹撮影
歴史ある銭湯「小町湯温泉」で釜場の仕事をする清水裕雄さん=北海道小樽市で、竹内幹撮影

 小樽市信香町の銭湯「小町湯温泉」は明治開業の老舗だ。煙突が伸びるレンガ造りの建物は趣深く、くみ上げたナトリウム硫酸塩炭酸水素塩泉を昔同様に燃やした薪(まき)で温めている。釜場担当は清水裕雄さん(72)。熱が充満したスペースで汗だくになって薪をくべる。

 旧歌登町(現枝幸町)出身で、高校生時代に家族は小樽市に引っ越し…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集