メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

病のつらさ歌で癒やして 自身も闘病のはなさん企画 流山・円東寺で14日 /千葉

「心をいやす音楽の夕べ」を開催するはなさん(右)と円東寺の増田俊康住職=千葉県流山市の円東寺で

 がん治療の苦しみの中から生まれた歌で心を癒やしてもらおうと、松戸市のシンガー・ソングライター、はなさんが14日、流山市市野谷の円東寺で「心をいやす音楽の夕べ」を開く。はなさんは「体や心の病で苦しんでいる方に、音楽と住職の法話による癒やしのひと時を過ごしてもらえば」と参加を呼び掛けている。【橋口正】

 演奏活動を続けていたはなさんが、ステージ2の子宮がんと診断されたのは昨年2月。同5月に手術したが、転移の可能性もあり、その後半年にわたる抗がん剤治療を受けた。その間、親しい友人と親族3人を相次いでがんで亡くした。「誰も会いたくない。外にも出たくない。当然、演奏活動も一切、中止…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです