メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訓練で課題あらわに、対策検討へ 高齢者避難、情報共有で見直し 村上 /新潟

緊急地震速報を合図に、高台へと避難する住民たち=新潟県村上市今川で

 「防災の日」の1日、6月の新潟・山形地震で最大震度6強を観測した村上市では、地震・津波を想定した避難訓練や、災害対策本部での情報共有訓練などが行われた。歩行が困難な高齢者の避難補助や情報共有にまつわる課題が浮かび上がり、市は今後、各種マニュアルを見直す方針だ。【北村秀徳】

 地震・津波訓練は市内42の町・集落で「山形沖を震源とする最大震度6強の地震が発生。沿岸部には大津波警報が発令され、家屋倒壊・けが人も出ている」との想定で実施した。今川集落では午前8時、「大地震です。避難してください」という緊急地震速報の訓練放送が一斉に鳴り響き、ヘルメットを付けた住民が次々と避難を開始。約50人が高台にある指定避難所「今川集落開発センター」(海抜約8・5メートル)へ集まり、想定時間内の10分で避難を終えた。

 一方、今川自主防災会の深沢豊会長(72)によると、同集落では住民約80人の半数以上が65歳以上の高…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです