メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で暮らす

移住した人々/6 五百木誠さん、祥子さん夫妻=日野町 自然の息吹、感じる空間 /滋賀

愛知県から滋賀県日野町に移り住み、カフェを開いている五百木誠さん、祥子さん夫妻=同町で、久保聡撮影

 かつて近江の日野商人が暮らした町で、築150年以上の古民家を生かしたカフェがある。愛知県から日野町に移り住んだ五百木(いおき)誠さん(65)、祥子さん(55)夫妻が2014年にオープンさせた「らっこや」。落ち着いた和の雰囲気の中で、焙煎されたこだわりのコーヒーを味わえる。【聞き手・久保聡】

 ――移住しようと思った理由は?

 祥子 私は大阪生まれで京都の大学に通いました。結婚してから愛知県で暮らしていましたが、定年退職後は関西に帰りたいと、夫に言っていました。一軒家に暮らして、庭で家庭菜園もしたかったんです。

この記事は有料記事です。

残り1919文字(全文2175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです