メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

宮崎・佐土原ナス 「焼き」が最適 品良い甘さ /宮崎

 宮崎市の伝統野菜「佐土原ナス」。味の良さからかつて全国に広まったが、生産効率の良い品種の登場で一時は姿を消した。平成に入り復活を遂げ「奇跡のナス」とも呼ばれる。焼きナスが恋しい今の季節、出荷は最盛期を迎えている。

 宮崎市北部にある佐土原町のハウス。計約40アールの二つのハウスに高さ約2メートルのナスの木がずらりと並び、薄紫色の花といくつもの大きな実が重そうにぶらさがっていた。

 生産農家の高見和幸さん(55)は「今年は長雨や台風の影響で収量、質ともに上出来とは言えないが、どう…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです