メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日露印で新枠組み」提案 経済分野など

 インドのモディ政権が日露両国に対し、経済を中心に3カ国で協力する枠組みを提案していることが判明した。関係国の複数の外交筋が明かした。米国と中露との対立が先鋭化する中、インドはこの対立軸とは異なる新たな枠組みを持つことで両陣営の間でバランスを保ち、外交や経済活動の選択肢を広げる狙いがある。

 「日露印」の枠組みは、3カ国の民間の専門家レベルでは2年前から検討されていたが、政府間ではインド政府が最近、日露両国に打診したばかり。安倍晋三首相、プーチン露大統領、インドのモディ首相は4日からロシア極東・ウラジオストクで開かれる経済フォーラムに出席する予定で3首脳がこの枠組みについて初めて協議する可能性もある。

 インドは既に中露、日米とそれぞれ3カ国の協力枠組みを持つ。「中露印」は2006年に初の首脳会談を開…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. ORICON NEWS 電気グルーヴ、新マネジメント会社設立 FCでビデオメッセージ公開

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです