メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

米中、追加関税第4弾 市民生活、二の次 意地の張り合い激化

 米中双方が再び追加関税の応酬を繰り広げ、貿易戦争はエスカレートする一方だ。12月には対象品目を広げ、両国製品の大半が制裁・報復の対象になる。世界1位、2位の経済大国による対立激化は企業や消費者を追い詰め、世界経済にも混乱が広がっている。【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】

 「米国は(追加関税で)多額の収入を得ている。農家や全ての人々にとって大きな成果になるだろう」。トランプ米大統領は8月31日、ツイッターにこう投稿し、対中制裁第4弾の効果を誇ってみせた。しかし、実際には輸入品の価格上昇で消費者や企業に大きな打撃を与えかねない状況だ。

 第1~3弾の対象は企業向けの中国製品が中心だったが、第4弾は生活に直結する家電や日用品が含まれる。…

この記事は有料記事です。

残り1741文字(全文2062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです