メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外世界のコロナ感染者1億人超え 2カ月半で倍増
悼む

元日本バレエ協会常務理事・岩田高一さん=7月3日死去・87歳

=家族提供

自分で道を切り開け 岩田高一(いわた・こういち)さん=肺がんのため、7月3日死去・87歳

 長男の守弘さんは世界最高峰の一つ、ロシア国立ボリショイ劇場バレエ団で第1ソリストに上り詰めた。自慢の息子だったはずだが、鼻にかけることはなかった。「引っ込みすぎず、出しゃばりすぎず。そこが良かったんだ」。かつて守弘さんがボリショイで主役を踊った舞台をそう評していたが、高一さん本人の生き方こそが、その言葉通りだったと思う。

 戦後間もない頃、埼玉県西部の信用組合に勤めていたが、ダンス教室の看板を目にしたことをきっかけに、踊りに目覚めた。やがて谷桃子バレエ団など老舗の舞台に上がり、日本バレエ協会の常務理事に就任。「岩田バレエスクール」を設立し、後進の育成に当たった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京開催のアーティスティックスイミング五輪予選、4~5月に延期で調整

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです