メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

インド新枠組み提案 大国対立、影響緩和狙う 中国けん制の思惑も

 「日露印」による新たな枠組みを提案したインドには、「米国対中露」の対立構図を多極化するほかに、地域のライバルである中国をけん制しようとする狙いがある。だが、日露は対中国では思惑が重なるものの、米国をめぐる安全保障上の立場には大きな隔たりがあり、実現のハードルは高そうだ。

 インドは近年、米国ともロシアとも良好な関係を維持してきた。しかし、米露関係が悪化するに従い、「米国主導の西側につくか、ロシア側につくか」という苦渋の選択を迫られている。2018年には米国が、インドのロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の購入計画に反対するなど、インドが志向する「バランス外交」が難しくなってきている。

 印シンクタンク、オブザーバー研究財団(ORF)のウニクリシュナン特別上席研究員は「米露のどちらかを…

この記事は有料記事です。

残り1705文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです