メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/15止 日本財団 貧困の子ども支援、独自に

「第三の居場所」でスタッフと一緒に食事をする子どもたち=日本財団提供

 北海道東神楽町に今夏、二つの「第三の居場所」が開設された。経済的に苦しい家庭の子どもたちを放課後から夜まで預かり、家でも学校でもない第三の居場所として学習や食事を支援する。日本財団が2016年に始めた事業で、これで全国25カ所となった。

 厚生労働省によると、日本の子どもの貧困率は15年時点で13・9%。7人に1人が貧困状態にあることになる。日本財団はこの年、貧困状態にある15歳の子どもを放置した場合の経済的損失額を約2・9兆円と独自に試算。政府の財政負担を約1・1兆円押し上げると発表した。

 「日本では貧困は個人の問題ととらえられがちですが、放置すれば社会的に大きな損失になること、対策を取…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです