メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

菓子メーカー編/上 現場、再び 小売り最前線、魅惑の売り場

アンテナショップ「カルビープラス東京駅店」で試食を配る常務執行役員の田崎一也さん=東京都千代田区で8月8日、北山夏帆撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 大手菓子メーカー「カルビー」(東京都千代田区)で営業一筋の常務執行役員、田崎一也さん(52)。この春から営業や販売戦略のトップに就き、小売り事業も担当することに。8月上旬、夏休みでにぎわう東京駅構内のアンテナショップに、その姿があった。

客の反応つかむ

 「44番のお客さま、出来上がりました!」。人通りが絶えない東京駅一番街にある「カルビープラス東京駅店」。店内アナウンスを聞いた親子が揚げたて商品「ポテりこ」をカウンターで受け取り、そろってほお張る。「ホクホクだね、おいしい」

 その姿を遠くから確かめた田崎さんは、土産用の商品が並ぶ棚を見て、首をかしげていた。陳列が気になって…

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです