メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

執着からの解放 アートの力=河瀬直美

森美術館「塩田千春展」にて=河瀬直美さん提供

 現在、東京・六本木にある森美術館にて開催中の塩田千春展「魂がふるえる」に行ってきた。「不在の中の存在」をテーマにして、赤い糸をつなげてゆく行為を繰り返す彼女の姿勢に共感しつつ展覧会場を巡った。

 初期の頃には、森の中の大木の根のあたりに生まれたままの姿で身を埋(うず)める行為を繰り返したり、泥水の中にその身を委ねたりし続けた彼女が、いつの頃からか、会ったことのない人々の「記憶」をつなげる作業に没頭し始める。彼女いわく、人間の「脳」は「過去」から「今」を見るようにできていて、「脳」が無いと「過去」も「未来」も無いと聞いて、私は宇宙空間にぽっかりと浮かんでいる自分を想像していた。そこには、感情を放棄して、ただよう自分がいた。

 私たち人間は何かに「執着」して生きているようだ。それはモノだったり、ヒトだったりする。しかしそれら…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです