メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

永井荷風の俳句=酒井佐忠

 作句はもちろん芭蕉から現代俳句までナイーブな批評で活躍する気鋭の俳人・髙柳克弘の永井荷風の俳句論が面白い。荷風の生誕140年、没後60年を記念し刊行された『美しい日本語 荷風』(慶應義塾大学出版会)の第一巻「季節をいとおしむ言葉」の中である。編著者として荷風研究の第一人者の持田叙子(毎日新聞書評委員)が荷風の散文と詩を、髙柳が俳句を担当するが、ここでは俳句について紹介する。

 <初霜や物干し竿の節の上><うぐひすや障子にうつる水の紋(あや)>

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです