連載

薫田真広のラグビークリニック

ラグビー観戦をより楽しめるようにルールや用語などを解説します。

連載一覧

薫田真広のラグビークリニック

/14 オフサイド

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <RUGBY CLINIC>

開幕まであと18日

 ラグビーでは選手がプレーに参加できる状態を「オンサイド」、参加できない状態を「オフサイド」と呼びます。オフサイドの状態でプレーに参加するとペナルティー(反則)になります。

 オフサイドはラグビーで最も分かりにくい反則で、ゲーム中のさまざまな場面で起こる可能性があります。一般的にはスクラム、ラインアウト、モールやラック、キック時に起こり、攻撃側、防御側とも対象になります。

 モールやラック時は、味方の最後尾の足の位置に架空のオフサイドラインが形成され、ボールが出る前にモールやラックに参加していない選手が、オフサイドラインより前方にいる状態を言います。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文544文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集