メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン杯ソフト 日本準優勝 米に惜敗

【米国-日本】力投する日本の先発・尾崎=大西岳彦撮影

 「2019 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会in高崎」(日本ソフトボール協会、毎日新聞社など主催)は最終日の1日、群馬県高崎市の宇津木スタジアムで行われ、決勝で日本は米国に2―3で敗れて2大会ぶりの優勝を逃した。米国の優勝は2大会連続9回目。3位は台湾、4位はチェコだった。

 日本は一回、先発の尾崎(太陽誘電)が3ランを浴びた。二回に山崎(トヨタ自動車)の2ランで1点差に迫ったが、その後は米国の継投にかわされた。

 最優秀選手は米国のアリオトで、優秀選手には日本の山本(ビックカメラ高崎)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです