メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャルと恐竜

「ヤンマガ」の人気マンガがアニメ化&実写化 ギャルと恐竜のルームシェア描く

「ギャルと恐竜」の告知ビジュアル (C)森もり子・トミムラコタ/講談社・キングレコード

[PR]

 マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中の人気マンガ「ギャルと恐竜」がアニメ化と実写化されることが9月2日、分かった。同作は、2018年10月15日に同誌で連載がスタート。それから1年足らずでダブル映像化となる。

 「ギャルと恐竜」は、「返事をくれない彼氏を追い込んでます。」の森もり子さんが原作、「実録!父さん伝説」のトミムラコタさんが作画を担当するギャグマンガ。森さんとトミムラコタさんは夫婦。主人公のギャル・楓と、ひょんなことから楓の家に住み込み始めた恐竜のルームシェア生活を描く。コミックスが2巻まで発売されている。

 アニメ、実写は、2020年4月の放送を予定している。詳細は今後、発表される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです