メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる内閣改造 「三原じゅん子大臣」予想も 待機組70人はやきもき 

参院本会議での演説で、安倍晋三首相の問責決議案を出した野党を非難する自民党の三原じゅん子氏。首相は政見放送でこの演説を褒めちぎった=国会内で2019年6月24日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が来週行う内閣改造・自民党役員人事で、入閣適齢期とされる衆院当選5回以上、参院当選3回以上で閣僚経験のない約70人の「入閣待機組」の処遇が焦点となる。首相は「新たな人材に突破力を発揮してもらう」と述べており、待機組には期待が広がる。とはいえ、閣僚ポストは現在19で、「狭き門」に変わりはない。各派閥は待機組の入閣を目指して働きかけを強めている。

 首相は昨年10月の内閣改造で、麻生太郎副総理兼財務相ら政権の「土台」を維持。その上で、直前の党総裁…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです